【最終話】奇跡の名器と4度の攻防!一滴残さず彼女の中に…

そうこうする内に事故をおこすこともなくホテルに着き、部屋を決めてエレベーターに乗ると、車中でのこともあり、私はもう我慢できず、ドアの閉まるのも待てずに彼女に思い切り抱きつくと同時に唇を強く押し付けて舌をむさぼりました。

「ううー、良さん苦しい」
私の行動にもがく彼女でしたが、エレベーターが階に着くまでの短時間であったことから、力を緩めることなく続け、やがて停止しました。

「ごめん、苦しかった?」
「もーう、良さん苦しかったよぉ」

私を睨んでの抗議でしたが、目は笑っていました。
「ごめん、ごめん、すぐにお詫びするから」
「ん?お詫びって?」

「うん、このまますぐに恵子抱いてあげるから」
部屋に入るなり、彼女の手を引いてベッドに直行し、上に乗りかかったのでした。
「ええ!、そんなのちっともお詫びやないよぉー」
しかしその抗議とは裏腹に、彼女の目は既に潤んでいました。

「ハハ、いいからいいから」
「もーう」
「恵子、最初はこのままいくよ」
「このままって、服のまま?」
「うん、恵子の責任だよ、車の中で俺にいたずらしたから、俺もう我慢できんよ」
「はい、確かにそれは納得、いいよ」

素直に納得した彼女は自分でパンティをおろしました。
どうやら、私もでしたが、彼女も負けないくらい昂ぶっていたようでした。

「最初から中にいい?」
「うん、いいよ、そのつもりやから」
「この後も全部いいの?」
「うん、いいよ」

上着はもちろん、スカートもそのままの状態で、私は一気に彼女の中に入りました。
じっくり味わうのは2回目以降にまわし、まずは持て余していた私を鎮めることを優先しました。

例によって、待ち受けていたように彼女のあの内ヒダが私に襲い掛かってきましたが、今はそれには我慢することなく勢いよく腰を使うと、名器の魔力からたちまち限界に達しました。

「ううーん、恵子のは何回してもすごいよ、俺もうたまらんよ」
「もういくの?」
「うん、いい? 駄目って言われてももう無理やけど」
「うん…いいよ」

彼女は快感に体をくねらせながら、私を待ち受けていました。

「恵子ぉ!」

半ば叫びに近い声を発し、根元まで深々と押し付けると同時に彼女に乗りかかって抱きしめ、局部にドクドクと噴出してきた体液を彼女の膣奥深くに放出しました。

それは、直前で抜き去って体外で始末するのとは比較にならない充実感と満足感を覚え、その感激で胸がいっぱいになりました。

その瞬間、彼女も「あぁー」とかすれるような呻き声をあげて体をのけぞらしていました。

第一波を放出し終わっても離れることはなく、次いで残ったものを軽く腰を使って搾り出し、一滴残さず彼女の中に注ぎ込んだのでした。

「恵子、メチャ良かったよ、俺もう死んでもいいよ」
「フフ、まだ死ぬのは早いよ、あと2回するんでしょ?」

行為のあとの余韻に浸りながら、気だるそうにジョークを飛ばす彼女でした。

「恵子は初めて中に出されてどうだった? 中に入っていくの分かった?」
「うーん、よく分からなかったけど、気分的なものかなあ、良さんのが私の中に入ってきてると思うだけで、ものすごく興奮しちゃった」

「俺もだよ、ちょっと一息入れて風呂入ってから、今度はゆっくりしようか」
「うん、良さん抱いて」
「うん、その前に裸になろうか」

二人とも下半身だけを露出しての行為だったからです。
お互いの着衣を脱がしあって全裸になり、腕枕で彼女を抱いて寝そべり、2回戦に備える二人でした。

その日は都合4度に亘って交わり、枯渇するのではないかと思うほどの体液を彼女の体内に放出したのでした。

それは年齢不相応の行為であり、他の女ではとうていできない、名器だからこそ出来た芸当でした。
その後も週に1回のペースで彼女の名器を楽しみましたが、1ヶ月ちょっと経った時、急遽家の事情で彼女が引越したことにより、貴重な名器との別れとなってしまいました。

私にとって忘れることのできない、貴重な名器ではありましたが、残念であり、惜しい気持ちはあったものの、それが私の胸を抉るほどの傷を残したわけでもありませんでした。

いかに名器と言えど、それは女を構成する単にパーツの一つであり、顔、形とかと同等のもので、男は決して女の個々のパーツのみに惹かれるものではないという証でもありました。

そのパーツの中でも、女の器はセックスそのものであり、とかくセックスは男を惑わせます。

私も恵子の膣に包み込まれている時は、その名器のあまりの快感に自分を見失っていました。

名器はその最中において、それは局部のみならず、男全体を快楽で包み込み、男の正常な判断能力を狂わせ、その時男は、性の魔力により、その器を有した女に対して誤まった感情を抱いてしまい、それが不幸を呼ぶことにもなり兼ねません。

もっとも、恵子は決して悪い女ではありませんでしたが、男は器に限らず、顔、スタイルといった個々のパーツに惑わされてはならないということを、名器の持ち主である恵子から学んだ私でした。

【第5話】一週間後に会った恵子との車中でちょいエロエピソード

そしてその一週間後、再び惠子と会い、前回の約束通り彼女は中出しを許してくれたのでした。

その日、それを意識していた私は、彼女を迎えに行く道中で既に硬直している自分を持て余していました。

事前にメールで、「その」確認をとっていたものの、それでも不安で彼女を車に乗せてすぐにそれを確認しました。

「惠子、ホントに今日いいの?」
「もーう、良さんそればっかり、うん大丈夫だよ」

駄々っ子をあやすように私をなだめて微笑んでいた彼女でしたが、心なしか、彼女の表情もそれを期待しているように私には感じられました。

「惠子、惠子はどうなん? 俺は男やから当然やけど、女の子は中に出されるのってどうなんかなと思って」
「うーん、私ね、生も良さんが初めてやったし、中にはもちろん初めてで、一応今日は安全日だから大丈夫と思うけど、初めてやからちょっと心配」

「え!、前彼とはゴムでしてたん?」
彼女との初回、事前の許可も求めずそのまま挿入した私であり、抗議されれば着けるつもりでしたが、彼女が何も言わなかったので、おそらく前彼ともそうだと思い込んでいたのでした。

「うん、前の彼氏はそういうの気を遣ってくれて、着けずにしたことなかった」

まるで私に気遣いができていないことをなじるような彼女の発言でしたが、若い彼女には悪気は無く、そのことに気づいていませんでした。

「ふーん、それじゃあ俺はいけない男なんかな」
「違う、違うよ、そんなことないです、私が良さんならいいって思ったから」
それに気づいた彼女は慌てて繕っていました。

「俺ならいいって、何で? 俺のが惠子に合ったから?」
少し嬉しくなった私は少し突っこんでみました。

「ううん、そんなんやなくて、それも少しあるけど、うーん…、よく分からんけど、男の人と違って女は好きでない人とエッチする気しないし、成り行きでしたとしても生はすごく抵抗ある」

「ふーん、じゃあ恵子は俺のことが好きなん?」
「うん、良さんのこと優しいし好きです。でも恋愛感情とは違うなあ、自分でも何でかよく分からんけど、良さんなら生でも中にでもいいと思って。ていうか、私がそうしてほしい気持ちになってしまって」

それを聞いて、嬉しくないはずがありません。

「嬉しいなあ、俺も恵子好きだよ、そんな恵子の中でいけると思うと、もうこんなんだよ」

言い終わるや、彼女の手をとりスラックスの上に誘導して硬直した私に触れさせました。

「もーう、良さんエッチやからぁ、でも嬉しい」
「これは恵子に責任あるよ」
「また人のせいにしてぇー、よし良さんいじめてあげる」

彼女は素早くファスナーをおろし、直に私に触れてきたのでした。
「こら恵子、そこまでしてくれなんて言ってない、事故起すから止めてくれ」
予想していなかった彼女の行為に驚くと同時に強烈に襲ってきた快感でハンドル捌きがおかしくなってきました。

「フフ、コチコチですよぉ、面白い」
「こら恵子!」
言いつつ、心中では続けてほしいと思っていた私でした。

【第4話】2度目のセックスでヒダが纏いつく絶品の名器を味わう

異常に昂ぶっていた私は、彼女を仰向けに寝かせると同時に、乗りかかって荒々しく口を塞ぎ、激しく舌を絡ませました。

「うーん、苦しい」
「ごめん、ごめん、ちょっと興奮しすぎた」
「でも嬉しい、私にそんなに感じてくれて」
「うん、惠子は最高」

そして、我慢できなくなった私は早くも彼女の器に挿入していました。

「え!、もう」
「まだ早い?」
「ううん、いいよ、ちょっと驚いただけ」

早くも彼女は眉を寄せて体をくねらせていました。

その表情と体で益々興奮を覚えた私が激しく腰を動かすと、あの絶品のヒダが纏いつき、そのあまりの快感に2度目にも関わらず、またしても危うくなってきたのでした。

それでもさすがに2度目であり、少しは自制する余裕があったので、腰の動きを弱めてじっくりと絶品の名器を味わうことにしました。

それはまさに天国でした。

「惠子、メチャいいよ」
「ホント?」
彼女も快感に耐えながら、嬉しそうに私を見詰めていました。

「うん、天国」
「ねえ、お口でしなくていいの?」
「ん!フェラのこと?」
「うん」
「いいよ、惠子はそんなことしなくても、あそこだけで充分」
「遠慮しないでね」
「うん、してほしい時は言うよ」
「うん」

本音でもあり、恵子の場合はフェラなどは全く不要でした。

その後ゆっくりと腰を使い、名器をじっくりと味わっていましたが、2度目においてももう限界に達していたのでした。

「あぁ、恵子もういくよ」
「うん、いいよ」
「このままいきそう」
「駄目だよ!赤ちゃんできたら困るよー」
「冗談だよ、しかし」

そのまま彼女の中で果てたい気持ちでいっぱいでしたが、すんでのところでこらえて、再び彼女のお腹で果てました。

「ふーぅ、恵子はホントにいいよ」
「ごくろうさま」

終わった後、彼女は茶化して私に微笑みかけました。

「うん、恵子となら何度でもいけるよ」
「フフ」

「それじゃ、約束通りあと3回ね」
「ええ!、うそぉ、あと1回だよ」
「冗談だよ、ハハ」
「もーう、でもね…」

「でも何?」
「私はそれでもいいよ」
恥ずかしげに小さな声で囁きました。

「え!、あと3回でもってこと?」
「うん、実は私もね、良さんとすごく相性合うみたいで…」
「俺のほうが前彼より良かったてこと?」
「うん…」
「どういいの?」
「うーん、そんな恥ずかしいよぉ」
「言ってほしいな」

「うーん、恥ずかしいけど大きさかな、良さんのすごく気持ちよくて…」
「手ごろな大きさってことかな?」
「うーん、そうなんかなあ」
「分かった、それ聞いて俺も嬉しいよ、これからも長く続けような」
「うん」

言い終わると彼女のほうが私に乗りかかり、キスを求めてきました。
結局その日はもう1回済ませ、ホテルをあとにしました。

別れてからも、恵子のヒダが纏いつく、あの天国にいるような感触がいつまでも頭から離れない私でした。

【第3話】名器 + 色っぽい喘ぎ声 + 可愛い童顔で我慢の限界へ

彼女は快感から色っぽい喘ぎ声とともに、童顔の可愛い顔をしかめて、蛇のようなしなやかな肢体をくねらせて私の体を刺激してきたのですから、もうひとたまりもありません。私のもくろみはもろくも崩れ去り、このまま何もしなくても射精寸前の状態でした。

同時にこのまま中に出したいという衝動に駆られました。

「中には駄目やね?」
「それは駄目ですよぉ」
「分かった」

いくらなんでもそれはあきらめ、そして我慢の限界を超えた私は、激しく腰を2回使ったあと、彼女のお腹に大量の体液を吐き出しました。

「惠子、メチャ良かったよ」
後始末を終えて、彼女を腕枕で胸を愛撫しながらの会話です。

「嬉しい、私も良かった」
「しかし早かったから、物足りなかったことない?」
「ううん、そんなことないよ」

おそらく私に気を遣ってのことであることは確かでした。
何しろ、挿入後5分ですから、私にしても40代後半という年代になってからのスピード記録でした。

「しかしね、早いのは惠子のせいだよ」
「えーえ!、私が悪いの?」

何を指しているのかを分かっていた彼女は満足気な抗議を私に向けました。

「まだ時間ある?」
「うん、大丈夫、もう一回するの?」
「いや、2回、3回かな」
「ええー!、あと3回も?」
「冗談だよ、しかし2回はしたいな」
「うん、いいよ」
「今度は2回目だし、もう少し持つと思う」
「いいよ、そんな我慢しなくても」
「俺が持たせたいんだよ、惠子のすごくいいし、少しでも長く味わいたいから」
「もーう、エッチ」

「なあ惠子、やっぱり中は駄目?」
「うーん…」
「いやね、あんまり惠子のが良すぎて、ついそのまま中にね」

「うーん、約束してくれる?」
「ん、何を?」
「また私と会ってくれるんなら」
「もちろん会うよ、俺のほうが頼みたいよ」

「嬉しい、今日はあかんけど、今度なら」
「え!ほんとにいいの?」
「うん、ちょうど1週間したら安全日になるから」
「分かった、嬉しいなあ、夢みたいだよ」
「夢なんてオーバーだよ」
「いや、俺にとって夢だよ」

「さあ、風呂入ろうか」
「うん」

その後、風呂でじゃれあっている内に、驚いたことに早くも私は回復していました。

こんな短時間で回復することは私の歳ではあり得ないことでしたが、彼女の絶品の器に飲み込まれ、ヒダが絡み付く快感を想像するだけで痛いほどになっていたのでした。

【第2話】体全体に電流が走るほどの衝撃!稀に見る一級品の名器

彼女との初回のことです。

ソファでもつれ合う内に我慢できなくなった私は、その場で彼女の服を上から順に脱がせ、やがて全裸にして膝に跨らせ、自分も全裸になり、夢中でもつれ合い、そしてベッドに移動すると同時に硬直した私を彼女の中に挿入しました。

その瞬間です、私の体全体に電流が走りました。

(何!、これは!)

それは私がこれまで味わったこともない、言葉ではとうてい表わしきれない快感が局部を強烈に襲ってきたのです。

実は彼女は稀に見る一級品の名器の持ち主だったのですが、この私もこれほどまでの名器にはお目にかかったことがなかったため、それが名器であるが故の快感だと気付きませんでした。

私ももう歳でしたから、このところ、生でも中々いくことができず、苦労することが多かったのですが、彼女の場合は挿入した瞬間に明らかにいつもと異なる感覚が局部を通して伝わってきました。

(うん?今日は俺何か違うのかな?)

これほどの名器は初体験であったため、その原因が彼女ではなく、自分にあるものと誤った解釈をしていました。
そして、首をかしげながら2~3度腰を使った時です。

(そんな馬鹿な!)

自分でも信じられませんでしたが、僅か2~3回の往復でもはや危うくなっていたのです。

名器を経験された方ならお分かりと思いますが、通常セックスにおける快感は局部に限定されますが、一級品の名器は局部のみならず、その快感は局部を始点として全身を駆け巡り、まるで自分の体全体が女性の膣に包み込まれているような錯覚を覚えるほどです。

名器にはいくつもの条件がありますが、恵子の器は、その全ての条件を満たしていました。

適度な内径と潤滑液の量に加えて、俗に言うところの「みみず千匹、かずのこ天井」といった、男を一気に昇天させるザラザラのヒダを持ち合わせており、挿入した瞬間、その内壁のヒダは強烈に私に纏いつき、締め上げてきたのでした。

その時点においても、私は彼女が並外れた名器の持ち主であることに気付かず、それはその日の自分の体調に起因しているものと思い込んでいました。
これまでも相手の女性の良し悪しに関わらず、その日の体調によってかなりの差が生じていたからです。

(今日は珍しく自分の体調がいいみたいだし、いつもよりスローテンポでいこう)

そして、再度今度はゆっくりと腰を使いましたが、それは結果的に無意味でした。
動きを緩慢にしても、そこから得られる快感が減衰することはなく、私を容赦なく襲い、挿入後まだ5分も経っていない時点で、既に私は射精直前の状態になっていたのです。

その時初めて(これは俺の体調だけのことではない)と気付いたのです。

「恵子、もしかして今まで恵子の、いいって言われたことない?」
「うーん…ある」
「やっぱり…」
「前彼に、お前の最大の強みはあれやって言われた」
「そうやろなあ、惠子の、メチャいいよ、俺もういきそう」

「私、そんないいの?」
「うん、最高」
「ふーん、私前彼一人としか経験なかったから」
「へーえ、一人だけやったん、ということは俺が惠子の二人目?」
「うん」
「光栄やなあ」
「そんな喜んでくれて、嬉しい」
「自信もっていいよ、あ、もういきそう」

実はこの会話は局部から意識を遠ざける目的でのことだったのですが、ところが困ったことに(?)、彼女の魅力は単に器だけではありませんでした。

【第1話】名器中の名器、まぎれもなく一級品を持つ女の子との出会い

いきなりですが、女の器というものは、それは様々です。
緩くて生でもいけないのがあるかと思えば、きつ過ぎて悪戦苦闘している内に萎えてしまったりとか、まだ何もしていないのにぐっしょりする子がいるかと思えば、1時間愛撫しても濡れない子もいます。

そんな中でも閉口するのが「匂い」です。
私の妻は全くの無臭だったのですが、中には悪臭を放つ女の子もいます。
あの匂いだけは私は大の苦手で、せっかくいいところまでいっても、プーンとあの匂いが漂うと、一気に萎えてしまいます。

済みません、冒頭から余談になってしまいました。
今回はそういった様々な器の中の、一級品の名器についてお話したいと思います。

私はこれまで200人の女の子と交わってきました。

本当に女の器は様々でしたが、私の経験した200人で「名器」と断定できた女の子は2人でした。たったの1%ですね。
準名器も数えると、あと3人ほどはカウントできますが、それでも2.5%にしかなりません。
それだけ名器の持ち主は少なく、少ないからこそ希少価値があります。

その2人の中の1人の女の子のお話です。
その子は名器中の名器、まぎれもなく一級品でした。

「恵子」という名前で、20歳の妙に艶かしい、体形も雰囲気も、ちょうどAKB:板野友美を連想させる女の子で、親戚の喫茶店でバイトしているとのことでした。

サイトで知り合ったのですが、場所は鴫野(シギノ)というところで、環状線の京橋に近いところです。
この子とは5回ほど会いましたが、いつも鴫野の駅に迎えにいき、京橋のホテルで過ごすというパターンでした。

恵子は小柄で、背は155、体重は45kの小柄でも均整のとれた体形でしたが、顔は10人並やや上のまだ幼さの残る童顔の可愛い女の子で、色は抜けるように白く、バストもCとDの間くらい、スタイルは特別良くも悪くもなかったですが、妙になまめかしい妖艶な雰囲気を持った女の子でした。

蛇のように体が柔らかくてしなやかで、初めての時、ホテルのソファでキスをして胸を揉むと、体全体をくねらせ、私に足を絡ませてきましたが、その彼女のしなやかな体を見ているだけで、ムラムラと欲情が湧いてきたものです。

これはその後も毎回の彼女とのお決まりのパターンでしたが、まるで蛇が獲物に巻きつくように、その柔らかい体全体で私に絡みついてきました。

小柄でまだ高校生といっても通じるような童顔の純真な少女の雰囲気を持った女の子でしたから、そのアンバラスさが私にはたまりませんでした。